白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディアゴスティーニ「戦艦大和を作る」


ずっと製作が止まって、それでも購入だけはしていくので、たまっていく一方。
原因のほとんどは・・・塗料が無いからである。
半ば諦め、ディアゴの通販に注文出したけど、今の所、ナシのつぶて。
受注確認の連絡位くれればいいのに・・・・不親切だなあ。


久々に模型屋に行ってみた。
塗料のコーナーに行ってみると・・・あった艦底色!
大和の船体の、喫水線より下の塗装に必要な色である。早速購入・・・・






今、一番欲しいのは「軍艦色②」ですから!!





そっちはまだ売り切れだった。
やっぱりまだ製作ストップである・・・・(^^;





スポンサーサイト

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記
本屋に行く。

基本的に本屋は好きだ。
見てるだけでも楽しい。が、行くとついいろいろ買ってしまうので金がいくらあっても足りないんだな。

でも、今回はちゃんと目的がある。
いつものように、「戦艦大和を作る」を買う為だ。
以前書いたように、塗料が入手できていないので、製作自体は中断してしまってはいる。でも、買っておかないと製作再開した時に先に進めなくなるもんね。


本屋に入ると・・・・有りました。
結構人気が有るのか、かなり目立つ位置に陳列されている。
さー、買うぞ。



やったー。第7号、ゲーット!!
・・・・・・・・・って、





私、6号買って無いジャン!!





いつの間に・・・ちょっと気を抜くと置いて行かれる(^^;
週間モノはこれだから油断できないな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
ディアゴの「戦艦大和を作る。」

塗料が無い為に、上部の艤装部分の工作が一向に進まない。
今回行った模型屋で、塗料の注文が出来ないものかと聞いて見た。

店員がやってきて「どちらの塗料ですか?」と聞いたので


Mr.COLORの29番と32番だと答えると、



「申し訳ありません・・・・メーカーにも在庫が無い状態なんですよ」



聞くと、やはりあの本の影響で売れ行きが急増しているとのこと。



そーか・・・やはりそーか。
結構人気あるんだなあ・・・・素直に感心した。


とはいえ。



このまま手に入らないと先に進めないので、ディアゴの通販で取り寄せることにした。
・・・・・5割位割高になるので、嫌だったんだけど・・・・(T T)




あー、早く作りてーYO!!!

模型屋をハシゴする毎日。


どこに行っても塗料がない。
問屋が休みのはずだから、この連休中に新たに入荷することは無いと思うんだけど。


せっかく模型やに来てるのだから、プラモデルも見ていくことにする。
軍艦のコーナーも見てみる。
大和・・・あるなあ。スケールも様々だ。
1/250もあるぞ。今作ってるのと同じだな。





・・・安いなあ。




5,250円だったぞ。スゲー価格差だな。紐で縛ってあったから、中身までは判らなかったんだが。

まあ、プラモデルだったら作ろうとまでは思わなかったから、いいんだけど。



価格差は出来栄えの差だと、期待しておくぞ(^^)

今日、東急ハンズに行く。



いろんな店に行って、塗料を探してきたが、どこにも無かったのだ。
ここなら、いろいろ揃ってそうな気がしたので、行ってみた。




模型・クラフトのコーナーがあるフロアへ。
プラモデル、ラジコンを扱ってるコーナーを探す・・・あった。



塗料のコーナーを探し、近くに行ってみると・・・
おお、「戦艦大和を作る」だ!!
コーナーの棚の最上段に、ディアゴの、あの本の創刊号が飾ってあるではないか! そして、この本で当面使用すべき塗料の一覧まで貼ってあるではないですか!!
とりあえず欲しいのは、Mr.COLORの「軍艦色(2)」。これさえあれば、当分工作できるぞ・・・・・












何で、コーナー自体が無い!?





塗料コーナーには、タミヤカラーしか置いてなかった。
・・・いや、有るには有るんだが、ビン入りのみ。要るのはスプレーだってーのに・・・。
スプレーなんて、影も形も見当たらない。




置かないなら有る様な顔して展示するなYO!!




・・・やる気あんのか?







大分、欲求不満が溜まってます(^^;

ディアゴの「戦艦大和を作る」


順調に作成中です・・・・・・船体だけ(^^;

1号毎に付属している部品も、点数がそれほど多いわけでもないので、多少忙しい中でも無理なくできる分量ではないかと思う。
むしろ、この手の工作に慣れた人なら1日も掛からずに1号分の工作などやってしまうだろう。


私の場合。


船体の工作は楽なのだ。まあ、出来は問わず、ということではあるが。
問題は、艦橋等の、艤装部分である。
艤装部分は金属製であり、瞬間接着剤を使用し、パテで補修し、塗装するだけである・・・・・・・塗装。そう。







塗料が無いのだ!!






ここのところ、近所の模型屋を廻って、必要な塗料を探して廻ったさ。
でも、どこにも売ってない!!


何故かなあ。
そんなに作る人、多いのか?

戦艦大和を作る

ディアゴスティーニ発行のシリーズ本。
毎週火曜日発行だそうで、4号目が昨日発売のはず。
今日、本屋に行ったら置いてあったので買ってきました。



1号目は、立派な箱に入ってました。
2号目も、立派な箱に入ってました。
3号目は、箱が1廻り小さくなっていました。



4号目は・・・・・箱ですらなくなってました(^^;




モチロン、部品はちゃんとケースに入ってますよ。
今言ったのは、部品のケースと、冊子が入ったパッケージのこと。


今回(4号)は、冊子はむき出し、箱の替わりに包装紙1枚被せてビニールでカバーしてあった。



4号も続けて買う奴はずっと買うってか。
豪華な包装も初回特典の一部と見るべきか・・・?

ま、毎号箱入りだとかさ張ってしょうがないから、いいんですけどね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。