白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週、箱買いしてきたチョコボール。


ひとパック20個入り。








完食しちゃいました、一人で(´∀`;)





いやー、うっかり手近に置いとけませんね~(苦笑)
でも、心配無用。一緒に箱買いしてきたフェリックスガムがまだ(ry




・・・困ったモンです(^^;
スポンサーサイト

テーマ:ちょいと聞いておくれよ - ジャンル:日記
会社でやってる中国語講座に、久々に出席する。


仕事を片付け、いささか遅れて行くと、既に勉強会は始まっていた。
私が着いた時には、ビデオを見ながらヒアリングの練習だった。
教材は・・・・「冬のソナタ(中国語版)」。


私は、基本的に韓流ドラマが嫌いなのだが、これも勉強、ガマンだ。


まあ、嫌いって言っても、日頃から連日のようにバカ騒ぎが報じられるから見る気が失せてるだけなんですがね。



内容はともかく、聞き取りと、画面に出る字幕(中国語)に集中。




あー、聞き取れねぇ(;´Д`)



いや、元々そう大したヒアリング力が有るわけでもないのだが・・・・
2ヶ月ぶりの聞き取りでは、分かるモンも分かりませんわ。

勉強しなきゃ(^^;

テーマ:日記 - ジャンル:日記
先週、買い逃したらしい「戦艦大和を作る」第6号。


本屋に行ってみるものの、売ってない。
どっかにあるはずなんだけどなあ。
そうこう言ってる間に、第7号も無くなってた。
すごい売れ行きだ。



定期購読しなYO! って声が聞こえてきそうですが、基本的に本屋に行くのが好きなので、もう暫く店頭での購入でがんばってみます(^^;



・・・定期購読しといて、本屋には別件で行けばいいだろ、って?
それもそうなんですがね。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記
本屋に行く。

基本的に本屋は好きだ。
見てるだけでも楽しい。が、行くとついいろいろ買ってしまうので金がいくらあっても足りないんだな。

でも、今回はちゃんと目的がある。
いつものように、「戦艦大和を作る」を買う為だ。
以前書いたように、塗料が入手できていないので、製作自体は中断してしまってはいる。でも、買っておかないと製作再開した時に先に進めなくなるもんね。


本屋に入ると・・・・有りました。
結構人気が有るのか、かなり目立つ位置に陳列されている。
さー、買うぞ。



やったー。第7号、ゲーット!!
・・・・・・・・・って、





私、6号買って無いジャン!!





いつの間に・・・ちょっと気を抜くと置いて行かれる(^^;
週間モノはこれだから油断できないな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
ここしばらく、仕事でミスが多い(T T)

続くときは続くもので、同じようなミスが続々。
お陰ですっかり上司ににらまれてしまった・・・・。


まあ、それも自分の蒔いた種なので、仕方ないのだ。
・・・・・ここまでは。



まあ、そんなこんなで行き詰った私は、気分的に余裕が無くなっていて、アドバイスが欲しかった訳だ。
ただ、自分の気分的な話を、直属の上司に話しに行っても、言い訳にしか取って貰えないだろうと思い、ひとつ頭越しで、課長のところに行ったのだ。


・自分の蒔いた種なので、巻き返したい、でも、ちょっと気分的に余裕が無い状態なので、アドバイスが欲しい。
・取り様によっては言い訳に聞こえるので、直接上司に言うのは気が引けること、また、人づてに上司の耳に入れば、それはそれで心証を悪くするだろうから、内密に願いたいこと。


以上を前置きに、社内ではなく、食事をしながら話を聞いてもらった。
アドバイスもそこそこいただき、気分的にも、人に話した分楽になった。


それが、金曜日の話。




月曜日。





会話の内容、全部筒抜け。




当然、上司の機嫌、最悪。

ふざけんなー(´Д`; )!!


・・・・人選ミスだったと、諦めるべきだなあ・・・・・

テーマ:ブルーな日常 - ジャンル:日記
私の会社では、有志が集まって中国語を勉強している。
私も、その会に名を連ねる、立派な幽霊部員である(誤爆)


有志だけで学習会を開催するわけでなく、外部から講師(大学教授)を招いて教えていただく、割と本格的な講座なのである。


たまたま(^^; 講座に参加した時、先生に聞いたことがある。



先生、中国人が字を忘れたときは、どうするんでしょうか?




日本には、ひらがなという誠に便利なツールが存在する。
だから、かんじをわすれてしまっても、こうしてぶんしょうがかけるわけである。

だが、ご存知のように、中国語には漢字しかない。
ほら、ちょっとした文章を書こうとした時に、字を忘れた経験は無いだろうか?
ごく簡単な漢字でさえも度忘れして書けなくて、人に聞いて「あーそーだった!!」と、ちょっと恥ずかしかったりもして。


人に聞けなかったり、聞くのが嫌だったりしたとき、日本人がひらがなでお茶を濁すシチュエーションで、中国人はどうするのか?
先生は答えてくれた。








発音の似てる、知ってる字を充てる。




・・・・ひらたく言えば、知ったかぶりで済ますわけだ。
学のない人だけがそうする、という訳ではないようで、歴史上の人物が誰かに宛てた手紙なんかにも、こうした”誤字”が有る事があって、学者たちの悩みの種になるんだそうだ。
何しろ、意味が通って無くても気にしない、位のアバウトさで字を充てることさえ有るそうだから・・・・。



ちなみに、NOVAでレッスンした際、先生(当然、中国人)に同じ質問をぶつけてみた。
いわく、





問題無い。絶対忘れない。



だそうだ。
日本人と中国人、国民性の違いを垣間見た気がした・・・・(^^;





こんな本、いかが?

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術
最近、チョコボールがマイブーム。


子供の頃、よく買って貰ったものですが、当時は”キャラメル”しかかってもらえませんでした。
理由は・・・・長持ちするから(笑)


ほら、ピーナッツだと5分とかけずに食べてしまうので、そんなに早く食べられないキャラメルが買い与えられる訳でして・・・・(^^)


その反動、という訳でもないのですが、今買うチョコボールはモチロン”ピーナッツ”ですな。


で、今日は名古屋市の明道町という所に行ってきました。
そこは、お菓子の問屋が集まっているところなんですな。
おもちゃの問屋もあるのですが、大部分は”小売お断り”なので、私には用の無い店であります。



目的は・・・・チョコボールの箱買い



一個一個店で買ってるより、まとめて買ってしまおうかと・・・大人買いってヤツですわな。
で、店に入ってみると・・・ありました、目当てのチョコボール(^^) 

 
馴染みのデザインの箱が20箱、まとまってます。
さー買うぞ・・・と、見ると・・・・何だ、これ?
デザインの違う、しかしれっきとしたチョコボールが!!
白を基調にした、割とシンプルなデザイン。新製品か!?


店のおばちゃんに聞いてみた。


と。



見慣れない方のチョコボールは、パチンコなんかの景品用なんですと。
そっちの方が単価が安かった(確か、5円/一個くらい安かった)
何で単価が違うかというと・・・・・



エンゼルがついてないんだって。


 
あの、くちばしについてる金と銀の”アレ”が無いだけで、後は全く同じなんだそうで。どっちにする?と、おばちゃん。


私が、いつものヤツを買ったのは言うまでも無い。



テーマ:こっ、これは! - ジャンル:日記
ドラえもんを見た。


先日のメイン声優の総入れ替えがあってから、初めて見たことになる。
ドラえもん自体、随分久しぶりに見るのだが・・・・・







なんじゃこりゃ!!( ゚Д゚)!!




作品自体を久しぶりに見るので、作画の方も変わってるとは思ってなかったので、すごいショックだった。もはや違う作品。

立ち直るのにカナリ掛かりそう・・・・って言うか、別物として認識した方が精神衛生的には良いとさえ思ったさ。


ひとつの時代が、終わった(大袈裟

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック
まずもって、タイトルの豪快さと、デザインの強烈さに惹かれました(笑)

去年、話題になった養老孟司さんの「バカの壁」とは違って、日常、それも身の回りにごまんと居る”バカ”について書いています。

それぞれ、身近に居ると困ったことになる”バカ”な人たち。
様々なタイプについて述べてあり、上司がそうだった場合、部下がそうだった場合、同僚・友人、果ては恋人が”そう”だった場合、そして、自分がそうだった場合
の、傾向と対策が書かれています。


自分が当てはまるかどうか、のチェックリストもあったりします。



あなたは、どんな”バカ”に該当するでしょうか・・・・?(笑)
私は・・・・結構当てはまってしまいましたよ、残念ながら(;´Д`)






<読んでみたい方はどうぞ>

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌
量詞って、結構難しいんです(^^;


まあ、日本語だって、一本二本、とか一羽二羽、とか、数える物によって半ば無意識に変えてますよね。
・・・最近は、何でも一個二個・・って言う人が増えてますが・・・。


中国語の量詞も結構複雑で、勉強しようとする人にとって悩みの種だったりします。


例えば・・・猫と犬とで使う量詞が違うんですね



猫 → 一、両・・・

狗(犬)→ 一、両・・・



ただ、”条”で表現するのは大きい犬の場合で、子犬の場合は”只”でも良い、と来るからますますややこしい事になる。

この”条”、私的には「長いもの」に使う、というイメージがあって、他にはベルト、ネクタイ、ワンピース、なんかも”条”で数えます・・・皆、静物だよな?物に使う場合が多いように思えるが??


私の、中国武術の師匠(日本人)はこう言っていた。

「いや、中国では犬は食べ物だから・・・・。」








意味わかんねーYO!!





でも、何か納得してしまう自分も居たりして・・・・(^^;

テーマ:中国語 - ジャンル:趣味・実用
量詞は、単位や回数をらわすもので、ものを数える場合(名量詞)と動作の回数や程度をはかる場合(動量詞)とがあります。

中国語を勉強する際によく用いているこの単語、ここに書く為に今一度意味をしっかり調べようとしたら・・・・






載ってない!(゚□゚)!





いや~、広辞苑にも載ってないとは思わなかった。
あまりにもフツーに使ってたから、当然あるもんだと思ってたので、正直驚いた。


冒頭の説明は、ネットで検索してきたもの。
あんまり一般的な単語じゃないのかなあ・・・。



テーマ:雑学 - ジャンル:その他
家族でショッピングセンターへ。


息子は、着くなりゲームコーナーへ。
相変わらず「ドラゴンボール」だそうだ。べジータやら孫悟空やらがじゃんけんの勝ち負けで戦いの行方を決定するゲーム。
やってることは、以前話題になった「ムシキング」と何ら変わりは無い。息子から見るとずいぶん違う、と言う事になるのだろうが・・・。


が。


今日はちょっと違ったらしい。新しいゲームが出てるのでそっちをやりたいそうだ。新しい、新しいと、しきりにアピールする。


見に行ってみると・・・・・「恐竜キング」・・・?



恐竜が出てきて、じゃんけんをして、勝つと技を出して、相手がダメージを受ける。負けると、技を受けて、自分がダメージを・・・・・



全部、同じじゃねーかYO!!



・・・いや、商業的には、これが付加価値というものだな。
やってることが同じでも、子供たちを飽きさせることなく、購買意欲をそそる演出を展開していく。商売だなあ。


それにしても・・・昆虫の次は恐竜かあ。
昔は結構みんなハマッたもんだ。恐竜の名前なんかよく覚えて、よく知ってる奴は尊敬の的だった時期もあったよ。


時代は巡るもんだ。ちょっと現代風にアレンジすれば、人気再燃しそうなネタはたくさんあるのかも知れないな。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム
ディアゴの「戦艦大和を作る。」

塗料が無い為に、上部の艤装部分の工作が一向に進まない。
今回行った模型屋で、塗料の注文が出来ないものかと聞いて見た。

店員がやってきて「どちらの塗料ですか?」と聞いたので


Mr.COLORの29番と32番だと答えると、



「申し訳ありません・・・・メーカーにも在庫が無い状態なんですよ」



聞くと、やはりあの本の影響で売れ行きが急増しているとのこと。



そーか・・・やはりそーか。
結構人気あるんだなあ・・・・素直に感心した。


とはいえ。



このまま手に入らないと先に進めないので、ディアゴの通販で取り寄せることにした。
・・・・・5割位割高になるので、嫌だったんだけど・・・・(T T)




あー、早く作りてーYO!!!

<先回の続き>

元会社の名前が、某宗教団体の改名後の名前に似ている、ハンバーグ専門チェーンに行ったときの話。


注文を終えた後、メニューを見ていたら、のどが渇いてきた。
メニューを見て、ドリンクを頼むことにした。

その店は、カントリーテイストの内装で、ボックス席が主体の構成になっていて、ある程度お互いの席と隔離されている。
これはこれで、他の客に気兼ねすることなく食事が出来るので結構なことではある。が、裏を返せば店内の見通しは悪くなることになる。


私が、追加注文をしようと、店員の姿を探す・・・・そんなときに限って一人も来ない


しばらくして、別の客席に料理を持ってきた店員がいた。

「すみませーん」


料理の提供が終わった頃を見計らって、ちょっと手を上げながら呼んで見る・・・・・・・無視された


再び、別の客席に、料理を持ってきた店員がいたので、


「すみませーん」



さっきよりは大き目の、しかし店の雰囲気を壊さないくらいに抑えた声で呼んで見る・・・・・・完全無視


周りの客席の人たちがこちらを見る・・・・みんなの視線が痛い(T T)私的には気まずい瞬間である・・・・・が、



気づくそぶりすら見せない店員(-◇-#)



周りの客が気づくのに、オメーが気づかないのは、耳聞こえねーのか!!!
・・・まあ、気の利かない店員はよくいるので、ちょっとムカついただけで済むのだが・・・。
店も店だ。バイトが気が利かないくらい分かりそーなもんだ。



ボタンで呼べるようにしておけYO!!







・・・ここなら、店員に腹は立たないでしょう(^^;

某ハンバーグ専門チェーンに行った。


ちょっとカントリーな雰囲気の内装のこの店。
メニューが格子窓のデザインになっている。
家族3人で行ったので、4人用のボックス席に通される。
家内と息子が一緒に座った。家内が奥のほうだった。

「こちらがメニューになっています」


”問題な日本語”で紹介されそうな言葉でメニューを出された。
木製のメニューで、観音開きになっていて、開くとメニューを立てておくことが出来るようになっている・・・・・。が。


店員が、無造作に立てるもんだから、




家内からメニューが見えない!




観音開きにしたメニューの外側に家内が来るように置きよった。
全員が見えるように工夫するもんじゃないのか?


何も考えてなさそうな店員だったので、何も言わなかったが。



元会社の名前が、某宗教団体の改名後の名前に似ている、とある店の話であった。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
この間、我が家の水槽で見かけたカブトムシの幼虫。


結構でっかいです。親は、カナブンか?と思うくらい小さかったのに・・・・。ひょっとして、サナギになるとき縮むつもりか?(^^*)


それはそうと、この幼虫、最近しょっちゅう地上に出てくる。
ずっと地中に居るもんだと思っていたので、少々意外だった。
で、観察しているうちに、土が大分汚れてきているのに気が付いた。地上にあるのは、どうやら幼虫どもの糞のようである。
・・・そんなになるまで土を換えないのもどうかと思いますがね・・・・(^^;


土を換えてやろうかと、置いてあった丸太をどけると・・・・・






ひゃー、6匹もいる!!




これまでずっと2匹しか居ないもんだと思っていたので、びっくり。
会社に行かなきゃ行けなかったので、後は母親に任せて(カミサンは大のムシ嫌いの為)私は出勤。





後で息子に聞いたら10匹以上居たそうな。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記
先日受けた技能検定。


どうやら合格だったみたいです♪


実技、学科とも一夜漬けに近い状況で、誰もが”奇跡だ”と言ってくれますが(^^;

何にせよ、合格はめでたい。


だって、来年受けるときは自費だったんですから・・・。

テーマ:自分の中のニュース - ジャンル:日記
家族で、カレー屋に入った。


カウンター席しか無い店内は、昼時なので満員だった。
  

「少々お待ちいただけますか」


仕方ないので、カウンター席の後ろにあるベンチに座って、待つことにした。
私らの正面にカップルが居た。
ベンチが低いので、カウンターの椅子の高さに私らの目線が来る。
と。カップルの女の方、左手を後ろに回してシャツの裾をしきりに引っ張っていた。
何やってんだ・・・? と思ったが・・・女の、ジーンズの股上が浅いのに気づいた。
そのままの状態だと、下着が見えるらしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・









見えるのが嫌ならそんな格好すんな

(--#



こっちが見てるみたいで、気分悪いじゃねーか。





模型屋をハシゴする毎日。


どこに行っても塗料がない。
問屋が休みのはずだから、この連休中に新たに入荷することは無いと思うんだけど。


せっかく模型やに来てるのだから、プラモデルも見ていくことにする。
軍艦のコーナーも見てみる。
大和・・・あるなあ。スケールも様々だ。
1/250もあるぞ。今作ってるのと同じだな。





・・・安いなあ。




5,250円だったぞ。スゲー価格差だな。紐で縛ってあったから、中身までは判らなかったんだが。

まあ、プラモデルだったら作ろうとまでは思わなかったから、いいんだけど。



価格差は出来栄えの差だと、期待しておくぞ(^^)

今日、東急ハンズに行く。



いろんな店に行って、塗料を探してきたが、どこにも無かったのだ。
ここなら、いろいろ揃ってそうな気がしたので、行ってみた。




模型・クラフトのコーナーがあるフロアへ。
プラモデル、ラジコンを扱ってるコーナーを探す・・・あった。



塗料のコーナーを探し、近くに行ってみると・・・
おお、「戦艦大和を作る」だ!!
コーナーの棚の最上段に、ディアゴの、あの本の創刊号が飾ってあるではないか! そして、この本で当面使用すべき塗料の一覧まで貼ってあるではないですか!!
とりあえず欲しいのは、Mr.COLORの「軍艦色(2)」。これさえあれば、当分工作できるぞ・・・・・












何で、コーナー自体が無い!?





塗料コーナーには、タミヤカラーしか置いてなかった。
・・・いや、有るには有るんだが、ビン入りのみ。要るのはスプレーだってーのに・・・。
スプレーなんて、影も形も見当たらない。




置かないなら有る様な顔して展示するなYO!!




・・・やる気あんのか?







大分、欲求不満が溜まってます(^^;

ディアゴの「戦艦大和を作る」


順調に作成中です・・・・・・船体だけ(^^;

1号毎に付属している部品も、点数がそれほど多いわけでもないので、多少忙しい中でも無理なくできる分量ではないかと思う。
むしろ、この手の工作に慣れた人なら1日も掛からずに1号分の工作などやってしまうだろう。


私の場合。


船体の工作は楽なのだ。まあ、出来は問わず、ということではあるが。
問題は、艦橋等の、艤装部分である。
艤装部分は金属製であり、瞬間接着剤を使用し、パテで補修し、塗装するだけである・・・・・・・塗装。そう。







塗料が無いのだ!!






ここのところ、近所の模型屋を廻って、必要な塗料を探して廻ったさ。
でも、どこにも売ってない!!


何故かなあ。
そんなに作る人、多いのか?

懲りもせず、漫喫へ。


おねえちゃんがやってきた。
「いらっしゃいませ♪ 何になさいますか?」



腹が減っていたので、定食と、アイスコーヒーを注文。



「お待たせいたしました♪」



1時間位居ただろうか。店を出ようと、レジへ。
さっきのおねえちゃん登場。


「お待たせいたしました。1080円になります♪」
「ありがとうございました♪」











フツーの対応って、いいなあ(^^)





・・・・最近、ロクな店に行ってないってことか・・・?

戦艦大和を作る

ディアゴスティーニ発行のシリーズ本。
毎週火曜日発行だそうで、4号目が昨日発売のはず。
今日、本屋に行ったら置いてあったので買ってきました。



1号目は、立派な箱に入ってました。
2号目も、立派な箱に入ってました。
3号目は、箱が1廻り小さくなっていました。



4号目は・・・・・箱ですらなくなってました(^^;




モチロン、部品はちゃんとケースに入ってますよ。
今言ったのは、部品のケースと、冊子が入ったパッケージのこと。


今回(4号)は、冊子はむき出し、箱の替わりに包装紙1枚被せてビニールでカバーしてあった。



4号も続けて買う奴はずっと買うってか。
豪華な包装も初回特典の一部と見るべきか・・・?

ま、毎号箱入りだとかさ張ってしょうがないから、いいんですけどね。





明け方、トイレに行った帰りにふと水槽を見ると、何やら動くものが。


昨日、見つけたカブトムシの幼虫が地上に出てきてたのでした。
オヤオヤ、のこのこ出てきてると干からびちまうぞー、早く潜れよー。

埋めてやったほうがいいかな・・・?ちょっと心配になってみてると。
・・・動き出しました。




何だ、結構すばやく動けるんだな。




幼虫って、地中で丸まってる姿しか頭になかったな。
地上に出て、自由に、しかも割と早く動くのが意外でした。

ウチで飼ってたカブトムシが、ついに全滅してしまった。



せっせとエサをやっていた息子も残念そう。
まあ、涼しくなってきたことだし、仕方ないよな・・・。


と、水槽を眺めると・・・何やら動くものが。




幼虫だ。しかも2匹!!



息子に教えてやる。
嬉しそうに眺め、台所に行って、ムシ嫌いの母親に報告(^^;


よかったなあ(^^)

たまごっち。




ずいぶん前に流行ってましたね。
生産が間に合わなくて慢性的に品薄だったこと。バーチャルペットなる用語が一般的になり、”簡単にリセットできる”事から、命の尊さ云々といったディープな問題まで、様々な話題の中心にあった、小さなおもちゃ。




最近、ブーム再燃の兆しがあるそうで。





ちょっと前から、おもちゃ売り場なんかに大きなたまごっちが置いてあるのは知ってましたよ。
なんか、懐かしいもんが置いてあるな~って見てましたが。
リニューアルして発売、またも品薄の状態が続いているとか。





知識としては知ってました。






今日、地区の運動会がありまして、私も駆り出されて参加してきたんですが・・・周りにいる子供たちに目を向けてみると、




持ってる持ってる。たまごっち。




どの子も、周りなんか気にせず、その小さなおもちゃに見入ってました。
先週、息子の小学校の運動会の時にはそんな光景は見ませんでしたし・・・あちらは授業の一環なんで、持ち物にうるさいですからね。




ホントに流行ってるんだな~って、実感しました。

本屋の片隅で、ふと見つけたこの本。



子供の質問は、結構鋭いところをついてくる事があって、答えに詰まって誤魔化すことも少なくないと思います。



この本は、題名のとおり、子供の素朴な、答えにくい質問に答えています。
回答者は、質問によって変わります。回答者によって、答えの噛み砕き方に差がありますが、皆、何とか分かってもらえるように、難しい内容に退屈しないように、表現に気を配りながら書かれているので好感が持てます。




私的には結構楽しく読めましたよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。