白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、ボーダフォンショップに行った。
利用料金の引き落とし先を変更したかったので、書類をもらいに行ったのだ。
比較的新しい、そのショップに入る。


土曜日だと言うのに、スタッフがすくねーな。
2人しかいない。まあ、まだ昼前だし、それほど忙しくないのかも。
来客がウチの前に2組あり、2人がそれぞれ応対してた。
男のスタッフの方が、私達に気づき「いらっしゃいませ」と声をかけてきた。まだ、先客との話が続きそうだったので、待つことに。



しばらく、展示してある携帯を見ながら待っていると、客がもう一組入ってきた。
女の方のスタッフが、その客に声をかけた。



「そちらの用紙に名前を書いて、お待ちいただけますか?」









ハァ?(゚Д゚ )





10分余り待ってたのにそんなコト一言も言わなかったじゃねーか!
念の為、店内を見回したが、それらしい掲示もなかった。

つまり、奴等は私達を客だと思ってなかった訳だな。


後から来た客は、既に用紙に記入しはじめたし、馬鹿らしくなって店を後にした。
これで、お客様第一主義だって。


まあ、わかりやすいが、とても親しみやすいとは言い難い新社名を堂々と出してくるあたりに、どの位客を大事にする気があるのかが見え隠れするんだけどね(^^)
スポンサーサイト

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記
「・・・なんか、鳴いてるぞ?」


職場の同僚のオッサンの一言がきっかけだった。
工場の中に何か居るらしい。

私の職場は工場の中にある一室。
その中で、工作機械に使用する工具を管理するのが仕事なのだが、どうも、外から鳴き声が聞こえるらしい。
その人からちょっと離れたところに居た私には、その鳴き声は聞こえなかったので、「え~、そんなハズないでしょ~」とか言ってたんですが。


「ピーピーピー・・・・」



聞こえた!!(゚Д゚ )!!



うーん、確かに何かいる。
我々が居る部屋の、すぐ外から聞こえてくる。当然、工場の中である。
部屋のすぐ外には、工具を保管する棚が置いてある。
そっちの方から聞こえてくるのだ。

「どこでしょうね~」
工場の中には、工作機械を始めたくさんの設備が置いてあるので、所構わず入り込んだり、糞をされると困るのだ。
ちょっと探してみることに。

声のする方を、慎重に見回す。
物音を立てると黙ってしまうので、音を立てないように捜す・・・・・

「ピーピーピー・・・」



いた┗(´▽`)┛


棚の上に、居た。スズメだった
近づいていっても、逃げない。
手が届きそうな距離まで寄っていっても、逃げようとしないのだ。
捕まりそうだよなー・・・と、手を伸ばすと、ようやく飛んで逃げる。
・・・・・5m位・・・・

キジか、アンタは (,,゚Д゚)



どうも巣立って間もないヒナのようで、あまり飛べないみたいだった。
・・・それはさておき、工場の中に居てもらっては都合が悪いので、捕まえることになった。

①近づく
②手を伸ばす
③逃げる

・・・・3回ほど繰り返した挙句、飛んでいって設備の下に潜ってしまい、捕獲不能に。






トリを、トリ逃がした ミ^◇^彡



・・・・・・・・・・・・・・・・・
界王様なら、笑ってくれそうなんだが(´∀`;)

テーマ:日記とみせかけて日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。