白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、ボーダフォンショップに行った。
利用料金の引き落とし先を変更したかったので、書類をもらいに行ったのだ。
比較的新しい、そのショップに入る。


土曜日だと言うのに、スタッフがすくねーな。
2人しかいない。まあ、まだ昼前だし、それほど忙しくないのかも。
来客がウチの前に2組あり、2人がそれぞれ応対してた。
男のスタッフの方が、私達に気づき「いらっしゃいませ」と声をかけてきた。まだ、先客との話が続きそうだったので、待つことに。



しばらく、展示してある携帯を見ながら待っていると、客がもう一組入ってきた。
女の方のスタッフが、その客に声をかけた。



「そちらの用紙に名前を書いて、お待ちいただけますか?」









ハァ?(゚Д゚ )





10分余り待ってたのにそんなコト一言も言わなかったじゃねーか!
念の為、店内を見回したが、それらしい掲示もなかった。

つまり、奴等は私達を客だと思ってなかった訳だな。


後から来た客は、既に用紙に記入しはじめたし、馬鹿らしくなって店を後にした。
これで、お客様第一主義だって。


まあ、わかりやすいが、とても親しみやすいとは言い難い新社名を堂々と出してくるあたりに、どの位客を大事にする気があるのかが見え隠れするんだけどね(^^)
スポンサーサイト

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。