白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<先回の続き>

元会社の名前が、某宗教団体の改名後の名前に似ている、ハンバーグ専門チェーンに行ったときの話。


注文を終えた後、メニューを見ていたら、のどが渇いてきた。
メニューを見て、ドリンクを頼むことにした。

その店は、カントリーテイストの内装で、ボックス席が主体の構成になっていて、ある程度お互いの席と隔離されている。
これはこれで、他の客に気兼ねすることなく食事が出来るので結構なことではある。が、裏を返せば店内の見通しは悪くなることになる。


私が、追加注文をしようと、店員の姿を探す・・・・そんなときに限って一人も来ない


しばらくして、別の客席に料理を持ってきた店員がいた。

「すみませーん」


料理の提供が終わった頃を見計らって、ちょっと手を上げながら呼んで見る・・・・・・・無視された


再び、別の客席に、料理を持ってきた店員がいたので、


「すみませーん」



さっきよりは大き目の、しかし店の雰囲気を壊さないくらいに抑えた声で呼んで見る・・・・・・完全無視


周りの客席の人たちがこちらを見る・・・・みんなの視線が痛い(T T)私的には気まずい瞬間である・・・・・が、



気づくそぶりすら見せない店員(-◇-#)



周りの客が気づくのに、オメーが気づかないのは、耳聞こえねーのか!!!
・・・まあ、気の利かない店員はよくいるので、ちょっとムカついただけで済むのだが・・・。
店も店だ。バイトが気が利かないくらい分かりそーなもんだ。



ボタンで呼べるようにしておけYO!!







・・・ここなら、店員に腹は立たないでしょう(^^;
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://kungfu.blog20.fc2.com/tb.php/32-4b1aa067
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。