白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量詞って、結構難しいんです(^^;


まあ、日本語だって、一本二本、とか一羽二羽、とか、数える物によって半ば無意識に変えてますよね。
・・・最近は、何でも一個二個・・って言う人が増えてますが・・・。


中国語の量詞も結構複雑で、勉強しようとする人にとって悩みの種だったりします。


例えば・・・猫と犬とで使う量詞が違うんですね



猫 → 一、両・・・

狗(犬)→ 一、両・・・



ただ、”条”で表現するのは大きい犬の場合で、子犬の場合は”只”でも良い、と来るからますますややこしい事になる。

この”条”、私的には「長いもの」に使う、というイメージがあって、他にはベルト、ネクタイ、ワンピース、なんかも”条”で数えます・・・皆、静物だよな?物に使う場合が多いように思えるが??


私の、中国武術の師匠(日本人)はこう言っていた。

「いや、中国では犬は食べ物だから・・・・。」








意味わかんねーYO!!





でも、何か納得してしまう自分も居たりして・・・・(^^;

スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:趣味・実用

マージャンは好きです(爆)ちょっと前までは友人宅で朝までGOGO!でした...全然関係ないですね!(笑)

犬...赤い犬が美味しいと聞きますよね。本当に美味しいのかな?(疑惑)
数の数え方?っていろんな意味も含めているんですね。改めて関心させて頂きました...
2005/10/22(土) 17:46:53 | |みさこ #1wIl0x2Y[ 編集]

>みさこ様
いらっしゃいませ♪

マージャンは、学生時代は良くやってました♪朝までGOGO!でそのままバイトやって、また朝までGOGO!(笑)

感心していただけるとは・・・・恐縮です(汗)
私、武術も語学も、キャリアの割に努力が足りないので、一向に伸びてきません(T T)
そんな中でも気づいたことなんか書いていきますので良かったらまた遊びに来てくださいね!
2005/10/23(日) 02:45:24 | |中華三昧 #erSHfhV6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://kungfu.blog20.fc2.com/tb.php/35-1551288f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。