白熊猫飯店

良いことは褒めます。悪いことは貶します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月早々やることもないので、家内と名古屋の高島屋に行ってみることに。

地下鉄に乗って、名古屋駅で降りる。
ここで乗客はあらかた入れ替わるので、ちょっと待って下車し、ホームをのんびり歩いていた。


と、急に家内が視界から消えた。



見渡すと、少し先に家内がいた。

小柄な、私らとそれほど年の変わらない女性に何か話しかけていた。
何してんだろー、と見ると、その女性の手には白い杖が。
地下鉄に乗りたいのだが、どっちに行けばいいか迷っていたらしい。
家内は電車のほうへ彼女を連れて行き、乗せてあげた。


凄い。


私はすぐそばにいたのに、彼女に気付きもしなかったのだ。
気付いたことも凄いが、それだけのことを、ごく自然にできたことが、正直、驚いた。
家内自身、自分の行動のあまりな自然さに、自分でもびっくりしていた様子だった。



家内は、いい人だ。見直した。





・・・・ただ、「私って凄い?ねえ、ねえ?」と、何度も私に聞かなきゃ、”奥ゆかしい”ってつけてあげたのに(^^;


スポンサーサイト

テーマ:日記とみせかけて日記 - ジャンル:日記
素晴らしいです。

奥さん素敵です。
なかなかこの世の中冷たい人ばかりで...
手を差し伸べたいけど、人が見ているから恥ずかしい。
といった現象を聞きます。

誰かがやってくれるだろう星人もいますね。

しつこく聞く所がおくゆかしいのでは?
ふふふ。
2006/01/06(金) 16:20:23 | |ゆれぎ #1wIl0x2Y[ 編集]

>ゆれぎ様
いやあ、ホントに感心しましたよ。

こんな時、ほめ言葉を知らないので怒られるんですけどね・・・^^;
2006/01/15(日) 02:22:31 | |中華三昧 #erSHfhV6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://kungfu.blog20.fc2.com/tb.php/73-f6477da8
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。